担当者住所・拠点住所・会社住所の違いと住所変更について

ご利用の際、登録いただく住所は担当者住所・拠点住所・会社住所の3種類あり、
登録住所の変更可否は住所の種類やタイミングによって異なります。
※住所変更をご検討されている場合は以下をご参照の上、ご対応をお願いいたします。

担当者住所

担当者住所は個人事業主・法人に関わらず、本人確認書類をご提出いただく方の住所をご入力いただく項目です。
そのため本人確認が完了した後(設定画面に青字の『事務局確認中』という文言がなく、緑色の✔が付いている状態です)、担当者住所の変更はできません。
変更が必要な場合(担当者が変わる、転居し本人確認書類も含め変更が必要な場合等)は、変更理由とともにこちら)までお問い合わせください。

※なお、問い合わせいただいても変更ができない場合がございます、ご了承ください。

拠点住所

拠点住所は依頼者とのマッチングや、マッチング後に依頼者が閲覧できるプロ情報ページに利用される項目です。
こちらの住所はいつでも変更可能です。設定画面の「基本情報設定」タブをクリックいただき、拠点住所の欄の「編集」ボタンをクリックいただくと変更が可能です。

※拠点住所を変更後も仕事エリアは変更されない場合がございます。
 仕事エリアの変更方法についてはこちらをご参照ください。

会社住所(※法人の方のみ入力)

会社住所は法人確認書類(履歴事項全部証明書)の住所と一致している住所をご入力いただく項目です。
そのため、法人確認が完了した後(設定画面に青字の「事務局確認中」という文言がなく、緑色の✔が付いている状態です)、会社住所の変更はできません。
変更が必要な場合(会社が移転し法人確認書類も含め変更が必要な場合等)は、変更理由とともにこちらまでお問い合わせください。

※11月1日まではいつでも変更可能です。設定画面の「基本情報の入力」または「基本情報設定」タブをクリックいただき、会社住所の欄の右側にあります「編集」より変更を行ってください。(その際改めて法人確認が『事務局確認中』となります、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
12人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、問い合わせを送信してください