見積もり金額と違う料金を依頼者に請求しても大丈夫?

見積もり料金と違う金額を請求する際は金額変更が必要です。
必ず事前に依頼者に変更金額とその理由をご説明いただき、了承を取ってください。

また、サイト内の登録金額を変更する必要があります。金額変更をおこなわない場合、中抜き行為として利用規約に則り違約金を請求するほか、トラブルになった際に当サイトで一切サポートできなくなる場合もございますので、ご注意ください。

見積もり料金と違う金額を請求する際の金額変更は予約型と交渉型で手順が異なります。

予約型


  1. (スマホ)チャット画面右上の「確認/変更」ボタンを押した後、「金額」欄右の「変更」ボタンを押してください。 
    (PC)画面右ページにある「金額」欄右の「変更」ボタンをクリックしてください。
  2. 見積もり金額を変更するの画面で、請求金額を入力します。
  3. 画面右下の緑色のボタン[送信する]を送ります。
  4. 見積もり金額が変更されていることを確認してください。
  5. 依頼者が画面上で金額変更に承諾すると見積もり金額が変更されます。
  6.  

交渉型


依頼者から見積もりが選ばれると、オレンジ色で「最終的な請求金額を入力する」と表示されるので、そこで金額を変更ください。
その際、確定ボタンを押して以降は、料金の変更はできないのでご注意ください。また、料金確定後に仕事内容や報酬金額が変わったということが無いようにしてください。


関連ページ


金額変更ができません

この記事は役に立ちましたか?
19人中12人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、問い合わせを送信してください